【タイムイズライフ】
ココロとカラダの健康維持に役立つ情報を中心にお届けします
病に倒れた経験あるサラリーマンにもできた!  サイト制作&講師業で自己実現!
麻田征壱公式ブログ

ストレスは善か悪か!?

2020/07/21

『今日の映像』
ストレスは必ずしも悪くない!?

あなたは、今なにかにストレスを感じているかも知れません。

仕事のノルマや納期、毎月の支払い。

そして、人間関係...

程度の差こそあれ、ストレスに感じる事柄は枚挙にいとまがないかも知れませんね。


では、もう1つ質問です。


あなたは、ストレスをなくせると思いますか?


おそらく、「No」と答えるのではないでしょうか?


というのは、ストレスに感じる「元」は、ありとあらゆる「刺激」であることが多いですが、この「環境からの刺激」は、生きている以上、どうしても避けることが難しいからです。


例えば、今あなたが感じている「むし暑さ」や「周りから聞こえる騒音」は、あなたにとっての「刺激」です。

もっと言えば、仕事上の心配事も、あなたのココロを惑わせる「刺激」
の一つなんです。


つまり、私たち人間が生きている以上は、外部からの「刺激」は、どうやっても避けることができないんです。


では、この「刺激」は、悪いことなのでしょうか?


ロバート・ヤーキースとJ・D・ドットソンという二人の心理学者が行った実験で、「ヤーキース・ドットソンの法則」が提唱されました。

この偉大な法則によると、次の3点が見出されました。

(1)ストレスの度合いが高すぎると、パフォーマンスが低下
(2)ストレスの度合いが低すぎても、パフォーマンスが低下
(3)最も高いパフォーマンスが得られたのは、ストレスが適度なとき


このことから言えるのは、


 
刺激を上手く使えば、高いパフォーマンスが得られる

ということ。

言い換えれば、


 
ストレスは力に変えることができる

と言えるでしょう。



そうであるならば、

上手く刺激をコントロールして、ストレスを適度に感じるようにすれば、日々のパフォーマンスを高めることができますね!


実はこの麻田征壱の公式ブログ、
サイトCMS         で作ってます
麻田が自信を持ってオススメするサイポンで、あなたもサイトを手軽に制作してみませんか?
\今なら、5ページまで無料!/